コンテンツへスキップ

進級して2週間ほど経ち、新しい環境にも慣れてきた頃、羽根木公園に園バスに乗って園外保育に行ってきました!

スピカ組の頃に行った時とは違い、今回はお弁当を持って出発です!「早くお弁当食べたい!」と公園で遊ぶ事はもちろですが、なによりお弁当が楽しみな様子です(^^)

公園では迷路やプレイパーク等、普段の公園では味わう事のできない羽根木公園ならではの遊びを思い思いに満喫する姿が見られました★

遊んだ後はお待ちかねのお弁当タイム!遊んでいる最中も「お弁当、楽しみだね♪」と先生に想いを伝えてくれる姿もあり、期待を高めていましたよ!「美味しいね」「おかわりある?」等会話をしながら、公園でお弁当を食べる体験を笑顔で楽しんでいました。

お弁当を食べ終えると、周辺のお花を摘み始めました。その様子を見守っていると、「お台所の先生にプレゼントするの!“美味しかったよ”って言うんだ♪」と、感謝の気持ちを表現する姿が!!お弁当を作ってくれた人への感謝の気持ちも持ちながら、園外保育を楽しんだシリウス組のお友達でした。

これからも、園外保育ならではの遊びや体験を楽しんでいきましょうね!

シリウス組 「わくわく&ハッピーSHOW~シリウス組のおすすめスポット紹介します!」

今年のシリウス組のわくわく&ハッピーSHOWでは、“シリウス組のおすすめスポット紹介します!”をテーマに、みんなが楽しんでいる「たこ焼き屋さん」「自然観察舎」「ダンス」を披露しました!

たこ焼き屋さんでは、ごっこ遊びをきっかけに遊びが少しずつ盛り上がり、たこ焼き屋さんとの交流を深めたり、本物のたこ焼きづくりなどにも遊びを広げて楽しんできたみんな☆様々な経験を経てきたからこそ、「ハッピーSHOWではたこ焼き屋さんをしたい!」と、お店屋さんになりきり、たこ焼き屋さんごっこを楽しみました!

また、駒場野公園内にある自然観察舎の方に憧れを抱き、虫博士として生き物への興味を深めていたお友達は、自分で虫標本を作って紹介☆実際に自然観察舎の方が身につけていた衣装やアイテムをそろえ、本格的になりきりました!

そして音楽に合わせて体を動かすことが好きなお友達は、みんなでダンス♪とびきりの笑顔で、踊って楽しむ姿がありました!

シリウス組になり、初めてのハッピーSHOWにドキドキしながらも、みんなの好きなことを舞台上で披露し、またひとつ成長した姿を見せてくれました★来年のハッピーSHOWでも、好きなことを誰かに伝えることの楽しさを感じて欲しいと思います!!

ペガサス組 「5つのテーマを元に、内容盛り沢山なステージをお届けしました!」

1つ目は、ダンスチーム★春から週に1回ダンス活動に参加してきたみんなですが、今回はBTSの「Dynamite」に合わせてオリジナルのダンスを披露しました。日頃のストレッチの様子を再現したり、最後にみんなで円になって踊ったりとダンスの楽しさを伝えてくれました!

2つ目は、キャンプチーム★保育園でのデイキャンプを通して経験した火起こし・キャンプ飯・ナイトハイクの魅力などを劇遊びに取り入れ、こだわりの詰まったオリジナルのストーリーを披露してくれました。

3つ目は、ワイヤークラフトチーム★こちらは、舞台の上で作品作りに挑戦!少しずつ形になっていく様子に「何ができるんだろう?」とお客さんもワクワク♪さらに、それらの作品を使った影絵シアターも披露するなど新しいステージのスタイルで会場を魅了してくれました。

4つ目は、大縄跳びチーム★普段から「今日も縄跳び持って行こうね!」と戸外遊びには欠かせない楽しみの一つとなっています。「お客さんの前で跳ぶのは緊張…」そんな思いを抱きながらも新記録を目指して跳ぶ姿、友達と息を合わせて2人跳びに挑戦する姿に感動が止まりませんでした!

5つ目は、レジンチーム★こちらは、自作のアクセサリーを身に付けてファッションショーのランウェイを歩きました。キラキラとミラーボールが輝く会場に…気分はモデルさん♪さらに、オークション形式で商品を落札してもらいプレゼント♪LIVE感たっぷりで会場も大盛り上がりでした♪

みんなで様々な夢を叶えてきたこの一年間☆今回のわくわく&ハッピーSHOWを通して「見てもらいたい!」「誰かのために作りたい!」とさらに意欲を高めています!これからもそれぞれのこだわりを大切に、遊びや活動を楽しんでいって欲しいと思います♪

 

10月10日(日)に0.1.2歳児クラスの子どもたちが、きらりの中でスポーツフェスティバルを楽しみました♪当日は、保護者の方に見守られながら、普段戸外や室内で楽しんでいる運動遊びを思い切り楽しむ姿が見られました!室内で日ごろから運動器具を使ってサーキットを楽しむ姿を、そのまま見てもらいたいという保育者の願いがあり、1.2歳児のスポーツフェスティバルは、サーキットから開始!!2歳児クラスの子どもの中には、自分で運動のコースを変化させて楽しむ子どもの姿もありました★0歳児クラスの子どもたちは、日ごろから楽しんでいるダンスを先生たちと一緒に踊って楽しんでいました。どのクラスも日常の生活や遊びの延長線であることが感じられるスポーツフェスティバルでした(^^♪

こいぬ

こぐま

スピカ

 『きらりと光る夏祭り!~日本の祭りをたのしもう~』というテーマのもと、代沢ならではの夏祭りを子どもと保育者が一丸となって作り上げ、当日は保護者も一緒に楽しみました。

こいぬ組とこぐま組は甚平に着替えてお迎えを待ちます。『何が始まるの?』とドキドキがいっぱいの様子。しかし、お父さん、お母さんの姿に表情は一転!夏祭りバージョンにアレンジしたみんなの好きな遊びを一緒に楽しみました★

さて!翌日の土曜日です。まずはスピカ組からスタート!いつもと違う雰囲気に不安な表情を見せながらも、友達の姿やお土産に笑顔がほころび、緊張もほぐれていった様です。

シリウス組は、この日に向けて一生懸命作ったザリガニに『かっこいい!』『本物みたい!』の保護者の声に大満足の様子。そして、憧れの和太鼓!思い思いに打ち鳴らす姿にこれからの可能性や期待を大いに感じました!

ペガサス組は、これまで作ったキャンプアイテムを❝夜❞の雰囲気で楽しむことにより、また、一段とキャンプ熱が高まった様子。盆踊りでは、しなやかな所作で、保育者も保護者もうっとりと見惚れてしまう程、魅了されました★

オリオン組は『みんなに喜んでもらいたい!』そんな思いで取り組んできた日々が実を結びましたね。細部にまでこだわった❝こびと❞の完成度は『さすが!』の一言☆太鼓演奏や盆踊りも、それぞれの役目やこだわりを持って真剣に取り組む姿に心打たれ、その表情からはたくましさを感じました!

どんな状況でも、出来ることを!そして、みんなで全力で楽しむ!来年はどんな夏祭りになるか…楽しみですね!

年長児のオリオン組に進級し、これからの生活に期待を抱いていた子どもたち。

そんな時に聞かれた『天空庭園から見える富士山に登ってみたい!』というつぶやきに「富士山って日本で一番大きいんだよ!」「富士山には雪が積もっているんだよね。」と目を輝かせる姿が見られました★

保育園生活で夢や願いを叶える最後の1年…。つぶやきから生まれた夢に向かって“一緒に駆け抜けたい!”という思いから、まずは東京都内にある初心者向けの山、そして山頂から富士山を見ることのできる“高尾山”に挑戦することになりました♪

当日を迎えるまでの間、長距離散歩や筋肉トレーニング・ストレッチとなど、山登りに必要な“体づくり”にも関心を持ち、実践してきました。その経験を自信に変え「みんなで富士山を見るぞー!」と高尾山へ出発です。

山登りの最中には「後ろのチーム、ついてきてるかな?」「この道すべるから気を付けて!」と、“みんなで”という思いを大切に、互いに声を掛け合う頼もしい姿も見られました。その後も順調に歩みを進め、山頂に到着!「富士山って、こんなに大きいの?」と、いつも見ている富士山の大きさとの違いに驚く子どもたち。そして『もっと、大きな富士山を見てみたい!』という新たなつぶやきも聞かれました★

これからも夢の“富士山”に向かって、みんなで駆け抜けていきたいと思います!